心を元気にするタロット占い【タロット占い師・波子のブログ】

タロット占い師・波子がタロット占いについてアレコレ語っています。

【意外と知らない】独学でタロット占い師を仕事にするために、必要なこと

f:id:namiko_tarot:20210816162752j:plain

タロット占い師になるためには、タロット占いの勉強や練習が必要であることは誰でももいつくと思います。でもそれだけだと、なかなかプロの占い師にはなれません。タロット占いができたとしてもすぐにタロット占いをしたいお客さんがやってくるわけではないからです。

今回はタロット占い師を仕事としてやっていくために必要なツールを、私の体験にもとづいてご紹介していきたいと思います。

 

・自分を知ってもらう手段を持つ

f:id:namiko_tarot:20210816162922j:plain

まずは自分が占い師をやっているということを、たくさんの人に知ってもらう必要があります。黙っていてもお客さんは全くやってきませんので、自分からかなり能動的に動くことが大切です。

1.まずはTwitterで発信

まずタロット占いの練習、経験を積むための手段としてTwitterにアカウントを持つことから始めてみましょう。アカウントを持ってすぐでも、「無料占い」系のハッシュタグで、無料で占いをやってもらいたいという人がたくさん集まってきます。

また、Twitterは自分の占い師としての思いや日々の活動、占いのメニューを紹介したり宣伝したりするのにもとても便利なツールです。使い方は自分次第で色々と創意工夫ができるTwitterは、まず持っておいて損はありません。フォロワーを増やしたり、仲間づくりや情報収集にもとっても便利でオススメです。

2.できればブログも作ってみるとベター

Twitterから一歩進んで、ブログも作ってみるとより自分の世界観を発信できます。Twitterはたった140文字ですし、時間とともにどんどん流れ去っていってしまうものなので、あまり過去にさかのぼって見てくれる人もいませんよね。

でもブログは過去記事もずっと自分の資産として貯まっていってくれるので、書けば書くほど、充実させればさせるほど価値が上がっていきます。そしてTwitterよりもコミット率の高いあなたのファンを獲得することも可能です。もし自分のオンラインショップを作るのであれば、ブログからつなげていくこともできます。

タロット占い師としての発信のほかにも、ブログを持っていると「AdSense」やアフィリエイトなどで複合的に収入が得られるようになります。Twitterよりも時間も手間もかかりますが、ぜひ始めてみることをおすすめします。

ブログ作成の体験談、AsSenseに受かるコツはこちらの記事から。

3.YouTubeやインスタグラムも追加できると尚良し

タロット占い師さんの中にはYouTubeチャンネルを持っていてタロット占いを動画で配信したり、講座を行ったり、Live配信したりしている方もたくさんおられます。Twitterやブログで配信されるよりも遥かに作業が大変で労力がかかるとは思いますが、こちらも登録者数を増やしてファンを獲得することができれば、大きな資産となることは間違いありません。

私自身はインスタグラムは可能性ありますが、人前で話すのが苦手なのでYouTubeをやる予定はありません!

・どこで占いを販売するか考える

f:id:namiko_tarot:20210816175354j:plain

タロット占いを商品として販売することを考えているのであれば、販売するためのシステムが必要です。私の体験とこれからやってみたいなと考えている販売スキームを以下にご紹介します。

1.スキル販売プラットフォーム

自分のスキルを売るための販売プラットフォームが今はたくさんあります。以下に占いを販売するのに良さそうなプラットフォームとその特徴をご紹介します。 

【ココナラ】

良い点

  • 知名度があるのでHPへの集客は必要なし
  • ココナラ内のメールのやり取りで完結できる(物品を送る必要がない)
  • 匿名でやりとりできる

悪い点

  • 手数料が高い→販売価格の22%
  • 占いの商品のライバルが多い

私が登録しているのはココナラです。ココナラでは占いのカテゴリーがあることからわかるように、占いのでの売上はココナラの売上総額の大きな割合を占めるほどの人気だそうです。つまり、ライバルがたくさんいるということです。

しかしココナラのメリットである匿名性は、占いという商品の特殊性から匿名で最初から最後までやりとりできるのは売る側、買う側の双方にとって嬉しいことですね。

【メルカリ】

良い点

  • 知名度があるのでHPへの集客は必要なし
  • 匿名でやりとりできる
  • 手数料は安め→販売価格の10%

悪い点

  • 物品を送る必要がある 

メルカリだと何か物品を送る必要があるため、鑑定書などを送ることが前提となります。手数料はココナラに比べて低いのですが、そもそも物品のやり取りを必要としない占いでありながら、何かを送らなければならない手間が加わるのは考えものです。

2.自分のオンラインショップを持ってみましょう!「STORES」がおすすめ

最近ではオンラインショップ作成のための便利なプラットフォームもあり、簡単に自分専用のオンラインショップを持つことができます。占い販売の候補となるプラットフォームは、STORES一択でよいのではと考えています。私が実際に持っているのもSTORESでのショップです。

STORESに似ているもうひとつプラットフォームでBASEというのがありますが、仕様や手数料はほぼ変わらないのですが、BASEではメルカリ同様に物品を送る必要があるのです。ですので、占いを販売するのであればSTORESで作ることで十分でしょう。

 

それではここでは私が実際に持っているココナラとSTORESを比較してみます。 

 

ココナラ

STORES

プラットフォームの使用料金

◯(無料)

△(無料と有料プランがある)

メールで完結が可能か(物品の配送必要なし)

匿名性

✕(名前、住所が必要)

会員登録

ココナラへの登録が必要

必要なし

販売者への手数料

✕(22%)

◯(無料プラン5%、有料プラン3.6%)

購入者への手数料

✕有り(5.5%)

◯無し

集客の大変さ

△(ココナラへの集客の必要はないが、自分のショップへの集客が大変)

✕(SNSやブログなどでゼロから集客の必要がありかなり大変)

世界観

△あまり出せない

◎自分の好きなように作れる

結論として、どちらにもメリットとデメリットがあり、占いを購入する人にも好みがあるので、どちらのタイプも持っておくことをおすすめします。

3.占い会社に登録してみる? 

これは私はまだ積極的に行っていません(ひとつ、ウラクルには登録しました)が、いずれやってみようとは考えています。占い会社に持っていかれるマージンは50%以上とも言われています。これは結構大きな額ですね。ただ、個人で集客するのは本当に至難の業ですが、大手の占い会社や運営会社に所属していれば、広告費を膨大に使って集客しているわけですから、自分でやる必要はありません。

占い師の技術は多くの占いをこなしてこそ上がるものですから、占い会社に登録してある程度経験を積み、稼げるようになってから独立するというのが王道なのかもしれませんね。

しかし、占い会社に登録するためにもある程度の経験がまずは必要となるはずです。ということで私は個人でもやりつつ、近い将来このような占い会社にも登録してみたいなと考えています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。ご参考になったようであれば嬉しいです。

 

鑑定のご依頼はこちらから。
namikotarot.stores.jp

 
Twitterもやっています。
twitter.com

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村