心を元気にするタロット占い【タロット占い師・波子のブログ】

タロット占い師・波子がタロット占いについてアレコレ語っています。

【タロット占いのやり方】「逆位置」とは?逆位置が意味すること

f:id:namiko_tarot:20210704153637j:plain

タロット占いをやり始めて最初につまずくのは、「逆位置」の意味の捉え方ではないでしょうか。また、タロット占いをしてもらう側にとっても逆の位置ってそもそも何?と思うことがあるかもしれませんね。

今回はタロット占いにおけるカードの「逆位置」についてと、逆位置が意味することを私なりに掘り下げてみたいと思います。

・タロットカードの逆位置が示す基本的なこと

タロットカードを展開するときに絵柄と数値の上下が正しい方向に向いていれば「正位置」、上下が反対に出てしまう時を「逆位置」と言います。タロットカードの正位置の意味の反対の意味、もしくは正位置の意味が弱まっている、足りないという状態を示すのが逆位置です。

ここまではタロットを少しかじっていれば説明するまでもないかもしれませんね。

 

・正位置だけで読むと、ポジティブな意味のカードが全体の約80% 

タロットカードは正位置だけで読むと、基本的に良い意味を示すことが多くなります。

例えば大アルカナ、小アルカナあわせて78枚のカードのうち、すべてを正位置で読んだ場合、だいたい70〜80%くらいがポジティブな意味を示すのではないでしょうか。なぜならば、正位置で読んで良くない意味を示すカードは、大アルカナ22枚中5枚、小アルカナ56枚中14〜5枚しかないからです。

ということは単純に考えると、もし、正位置だけを採用してタロットカードを展開すると、結果の80%はポジティブな結果となります。わざわざ上げ鑑定をやらなくても、正位置だけを採用すれば、自然とほとんどがラッキーなことばかりを示す結果になるのです。

 

・人生は良いことだけではなく、悪いことも起きる。そこから目を背けてはいけない

果たして、これは正しいのか正しくないのか。結論から言えばカードは嘘をつくわけではないので、正しいと言えるでしょう。生きていく中で起こる事象のポジティブな面だけを見ていけば、どんなことも良いこととして捉えることができます。

そしてそれができれば、生きるのがきっと楽になります。また、一時的に気分をあげることもできるでしょう。でも悪い出来事をそのまま素直に受け取らず、無理やりポジティブに考えるって結構大変なことですし、相当無理がありますよね。

個人的には悪いことは悪いこと、と素直に受け止めた方が一時的には辛いのですが、結果的には楽になれるのではないかと思うのです。気持ちに無理がないですから。

つまり、「悪い結果や、自分が変わっていかなければならないこと」など自分にとって聞きたくないことや耳が痛いことを受け止めて、自分自身が変わっていかなければ、長期的に見て人生を明るい方向へ大きく舵を切っていくことは難しいのではないかと思うのです。

占いの鑑定結果が良いことばかりであれば、その瞬間や一時的には元気にはなるのでしょうが、そのまま何も努力せず、変わることもなく生きていくことでは、人としての成長は得られません。

 

・タロット占いは「良くない結果」の時に本領発揮

タロット占いをしたいという人は、何かに悩んでいたり問題を抱えている人がほとんどです。すべて順風満帆に行っている人は占いしてみようとはあまり思わないでしょう。

何かがうまく行っていない理由は、問題があったり、改善しなければならないことがあるからです。それはすべてカードに現れてきます。

タロットの結果がすべてポジティブな内容であれば、それはそれで一安心です。でも逆位置や正位置でも良くない意味のカードが出てきた時こそが、タロット占いの本領発揮なのだと私は考えます。

悪い結果を受け止めて問題を解決する、自分が変わる、もしくは受け止めて何かを手放したり諦めたりする、そういう「行動を起こす」「考え方を変える」きっかけになることが、タロット占いができる重要なアドバイスのひとつです。

幸運な結果ばかりであれば人はあまり行動しないと思いますが、良くない結果が出た時は、それを変えるためにどうにかしたい、と思いますよね?ネガティブな結果を変えていくために、動くか動かないか、変わるか変わらないか、というのがこれからの運気を良くしていくための鍵となるのだと思います。

 

・逆位置を取り入れたときに、カードが人生と同じ流れになる

計算をしたわけではないので正確な割合はわかりませんが、経験上、逆位置を取り入れてタロット占いをやると、ポジティブカードもネガティブカードも偏らずに出てくるように感じます。結果によってはポジティブ寄りにもネガティブ寄りにもなりますが、変にポジティブ過ぎる結果は避けられます。

逆位置だからといって必ずしも悪い意味になるのでは無く、逆位置でむしろポジティブな意味となるカードもあります。また良くない意味のカードですらも、場合によってはポジティブに近い意味で読み取ることもあります。

それらを合わせると結果的に、タロットカードの出かたも、人生で起きる事象と同じく、良いことも、悪いことも同じように出てくるようになります。 これによって現実とタロットカードのギャップが最小限におさえられると思うのです。

どうせ占う、占ってもらうのであれば、そのとき限りの夢やエンターテインメインではなく、リアルに人生を変えるきかっけ作りになるようなタロット占いを経験したいと思いませんか?であればぜひ、逆位置も取り入れているタロット占いをやってみてください。より深みのある、人生の流れに近い結果が得られるはずです。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。ご参考になるようあれば嬉しいです!

 

鑑定のご依頼はこちらから。
namikotarot.stores.jp

 
Twitterもやっています。
twitter.com